Entries

今日は6月6日のD・DAY


  今日は6月6日のD・DAYです。

  身に沁みて、ひたぶるに、うら悲し ベルレーヌの詩と共に上陸作戦を実施した日です。


  晩御飯を作る時は、何かしらDVDか録画、テレビを流しつつヘッドホンで音だけ聞くというのを
  よくします。
   ちょうどここのトコ何度も見ていた史上最大の作戦(白黒版のDVD)をプレイヤーから出していた
  のですが、また再生。
  そしてロンメルの台詞で、
  そういえばちょうど今日D.・DAYの6月6日だったな、と再認識。
  
   どれだけ見てるんだΣ( ̄w ̄;
  
  とはいえ、実は
  昨日の午前様に今日はD・DAYだったなーとは思っていました。  
  
  何度みても色あせない(白黒ですけども)いい映画作品です。

  トラトラトラも何度も見ますけど素晴らしい出来です。昔の映画は大スペクタクル(実物や実機を使っていたり、
  当時の人を参加させていたり)さらには、両陣営の思惑や思想、考え方や行動などとても興味深いです。

  昨今の戦争映画はどちらかというと戦争映画モドキというのか、戦争映画というよりプロパガンダや、人種差別的偏見、
  トラウマに対する報復や復讐、仕返しなどを色濃くしている作品など(ごく一部)もあり、辟易します。

  映画「フューリー」などは酷い作品です。買う価値も見る価値もありません。
  ティーガーの動いているシーンだけしか意味のない最低な映画です。
  
  もっと酷い映画は「パールハーバー」(笑)ですけども。

  あの映画を作った人は歴史とか勉強すらしてない人なんでしょうね。爆発させて吹き飛ばせば時代考証なんてどうでもいい
  そんなものすら感じます。しかし歴史を学ばない人たちからすれば、あれを事実だと思われてしまい、映画は今も昔も
  国威発揚や歴史改変をしているように思えます。

  平和を望むのなら戦争を知るべきだ、というのはなるほどと思います。

  戦争を知り、学び、どうすればいいのか、どう備えればいいのか、防災のように学ぶべきです。

  WW2を戦訓にするためにも、ですね。

  

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

  ま い て つ  L o s e

まいてつ

映画 けいおん! ( ̄▽ ̄ノシ ☆彡

おおかみこどもの雨と雪 ☆彡

figma おすすめ

めがぴこ 双子猫よりクリスマス

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ちゅるが

Author:ちゅるが
 FC2ブログへようこそ!
 基本は まったりのんびり 系です(w

 日々徒然のことを書いたり、好きなものや
 コトや話題などを書いていこうと思います。

 SNSも深く静かに潜行していますが、
 こちらはもうちょい気楽にいこうかなと(w

 あと トラックバック・転載 等 、確認を
 取らずに行わないで下さい。禁止です。

ブログ内検索

家電 おすすめ

Blu-ray おすすめ

ブログ妖精ココロ

最近の記事

映画検定

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

web拍手ボタン

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる