Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「ソラノヲト」7話の感想みたいなもの( ̄▽ ̄ノシ

 『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』 第7話「蝉時雨・精霊流」の感想めいたもの。
 (主にミリタリ的な)

 そんなわけで_『ソラノヲト』をまったり観ています。
 ミリタリーちっくなモノかと思いきや『けいおん!』ちっくなほのぼの系ミリタリーモノ
 と捉えていたのですが、ここに来てシリアスな展開に!(ごく一部だけ)
 というわけで、そんなミリタリー的な部分だけの感想などを書こうと思います。
 
 400mって戦車戦では近すぎな気がします(遠距離砲戦じゃ絵にならないですけども)
 あれだけ瓦礫が多い地形では仕方がないだろうけど。とはいえ、多脚戦車の見せ所な地形では
 あります。被弾経始はあまりなさそうなスタイルですね。リベットだし。
 多脚戦車だからがしゅんがしゅん揺れるわけですが、スタビライザーはないようです。
 (やはり戦車は揺れないとね♪)
 弾種は成型炸薬弾(HEAT)。徹甲弾(AP)とかではないみたい(HEAT→訂正)各種榴弾くらいは積んでそう。
 そして手動装填w
 敵側は戦車と歩兵(兵士が戦車の横で匍匐している)の協同で
 行動している=侵攻してきた敵を(フィリシア側が)迎撃に展開_といった所か。

 無線連絡がラッパw
 これはこれで味があるけど、戦車戦ではまず聞こえない(聴音装置でもあるのだろう)
 無線技術が失われたとすれば問題はない。
 まぁロシア(旧ソ連)的な手旗信号使った日には「ウラー!!」とか叫びながら戦車壕に突っ込んで
 壊滅させられるのがオチだし。
 ラッパはいいでしょう。

 でもキューポラから上半身出してとか流石にちょっとマズかろう。
 戦闘教本に書かれていた通りの対応かな(たぶん戦車小隊の隊長車)=初陣ではじめての国境
 の小競り合いといったところか。なので戦闘教本通りに対応した、と。
 側面の相手は単独行動_だったのでもしや友軍(?)だったりなんてことはないと思いたい。
 初の戦闘&奇襲、部隊がばらばらだったりしたら可能性がありそうだけども。

 つまり_。
 どこか別なエリア(ミネンラント戦線)の国境の小競り合いでの戦闘シーン。
 フィリシアの過去のお話ー。
 映像は戦車小隊の隊長車で、
 戦闘経験がおそらく初。(前回の戦闘行為そのものがずいぶん昔かな)
 相手国の戦闘行動の動きを事前に察知して警戒待機(3日間ほど)
 早期警戒システムに反応があり、アンノウン確認をして戦闘行動へ移行。
 指揮官前へ、の精神で前方へ展開(楔形とかそんな感じか)突出_といった所かな。
 それと量産型はディーゼルエンジンっぽぃ。
 
 あとさらに過去の世代の話には_
 巨大な翼をもった怪獣ちっくな生物が登場! ∑( ̄△ ̄ おおぅ
 (旧時代の戦闘シーンで)
 落ちていた小銃はどうも89式小銃っぽぃ気がする。
 防塵用のゴーグルを装備(マッチの反射で映っている)
 陸自の普通科かレンジャー。状況的にみるとレンジャーかなと。 

 場所はおそらく地下鉄のコンコース(通路)のような所。
 下がタイル張りで丸い円筒の柱があるので、そうでしょう。
  地下鉄は緊急時の避難場所や救護施設にされることもあるので、掩蔽壕代わりに使われたのだろうと。
 (映画でいうと『ヒトラー最後の12日間』などが判り易いです)
 
 あと最初の隊員は外傷らしいものがあったように感じられましたが、
 後に出てくる隊員は外傷らしいものがあまり見られませんでした。
 そのためBC兵器的なものを使用されたのかもしれません。(単なる憶測)
 外傷の可能性も衝撃破(映像にある戦車をなぎ払うシーン)などによる
 建物やビルなどの小破片によるものなのか、何かしらの外的要因での怪我なのかはわかりません。

 外的要因というのはいわゆる『クローバー・フィールド』に出てきた地下鉄にわらわらと居たモノです。
 (これ以上はクローバー・フィールドのネタバレになりますのでここまで)
 なんとなく今回の話で『クローバー・フィールド』ちっくな流れのイメージが出てきたのですけども
 どうでしょう( ̄w ̄
 
 M109A6パラディンなんかぺっちゃんこでしたからね。  
 まぁB-2ステルスの絨毯爆撃に耐えられるような相手では戦艦大和が必要になって来ますけども。
 でもF-2戦闘機編隊の93式空対艦誘導弾(ASM-2)×四発の飽和攻撃なら(えー
 (=w= ノシ ぱたぱたっ
 
 ちなみに今回のソラノヲトの過去の物語のように巨大生物(おそらく)相手になぜ歩兵が戦うのか、は
 『クローバー・フィールド』での主人公達が地下鉄から抜け出した(確か)ワンシーンに
 よく描かれています。
 「さすが普通科!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ
  そこにシビれる!あこがれるゥ!」(by:ジョジョ)
 
 歩兵は歩兵で頑張っているのですよー♪にぱー☆
 
 おそらく怪獣を倒すために正規軍が戦闘→負けた。
 結果、先進技術や文明が失われてしまったと。100~200年以上前くらいかな。
 そのまま世界が終わりそうになったが、なんとかして怪獣を倒す(最初の伏線の)
 世界が荒廃し、それから人間同士で争いが続いている_といったところか。

  なんだか電撃文庫に以前出された『天槍の下のバシレイス』伊都工平/著、瑚澄遊智/イラスト

  の後の世界のような感じがした。
  多脚戦車が出るし。

 となると生物兵器が世界を荒廃させて、生き残った国同士で戦争を続けて
 それからずっと小競り合い気味な戦争が続いていると。
 今となってはどうしてはじまったのかすらよくわからない感じなのかもしれない。
 たぶん謎が解明されることはないと思いますけども、あれこれ考えてみるのは
 なかなかに興味深く面白いものです(>w< b わふー 

 とりあえず短いけどミリタリーちっくなのが観れて好かった( ̄▽ ̄ノシ
 ここのロケ地行って見たいですね。 

 ラッパ手なのだからラピュタの朝のテーマをぜひ聞かせて貰いたいですね。

 これからも期待して観続けていこうと思います( ̄w ̄ b
 
  ソ・ラ・ノ・ヲ・ト(ソラノヲト) オフィシャルサイト
  http://www.sorawoto.com/

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

  ま い て つ  L o s e

まいてつ

映画 けいおん! ( ̄▽ ̄ノシ ☆彡

おおかみこどもの雨と雪 ☆彡

figma おすすめ

めがぴこ 双子猫よりクリスマス

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ちゅるが

Author:ちゅるが
 FC2ブログへようこそ!
 基本は まったりのんびり 系です(w

 日々徒然のことを書いたり、好きなものや
 コトや話題などを書いていこうと思います。

 SNSも深く静かに潜行していますが、
 こちらはもうちょい気楽にいこうかなと(w

 あと トラックバック・転載 等 、確認を
 取らずに行わないで下さい。禁止です。

ブログ内検索

家電 おすすめ

Blu-ray おすすめ

ブログ妖精ココロ

最近の記事

映画検定

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

web拍手ボタン

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。