Entries

「水上反撃部隊」突入せよ


駆逐艦1(秋月型辺り) 高射砲×2門と13号対空電探改

 重巡1 20cm砲×2 夜偵1 FUMOレーダー(もしくは大型レーダー)

 軽巡1 (大淀ないし夕張の4スロ) OTO砲×2 水上艦上機×2

 残り駆逐3 10CM砲と33号水上電探
 
 照月 高射砲×2 13号対空電探改
 那智 20CM×2 夜偵1 FUMOレーダー
 大淀 OTO×1水艦×2 OTO×1
 ベルヌーイ 10CM×2 33号水上電探
 雪風 10CM×2 33号水上電探 
 島風 10CM×2 33号水上電探

 この編成と戦力でボスまで到達。
 (※ただしボス戦で大破1残してA勝利)

 初戦で大破を何度となく普通にするので注意。
 疲労抜き(20分程度)をしつつトライするしかない感じ。

 3分間で1ポイント疲労回復するらしいので、
 やはり30分くらいあけることを推奨。


 ここで重要なのは、

 索敵能力をどれだけ確保できるのか、ということと、
 打撃力のない戦力で昼戦までにどれだけ敵を減らせるのか。
 結局夜戦頼みするしかない。

 毎回ギリギリS勝利を取れずにA勝で終わってしまうので、
 とても辛い戦い。
 この記事を書いている時点で2日間ずっとA勝利を繰り返すか初戦大破。 

 どれだけ戦力が充実して装備もフル改修で、
 練度も高練度でも、結局は運という。

 二回とも、 
 ボスまで到達。
 ボス中破大破で、島風の連撃で8ダメで終了を2回連続。

 ( ̄△ ̄;|||
 
 毎回こんなのばっかで酷すぎやしませんかね。

 高レベル(90代後半)
 フル装備改修(ネジ
 司令部練度100以上(これはあまり関係ないかも)
 
 このゲームはどれだけ高レベルで装備も整えても
 思ったように勝てないこと。
 イベントでも特にそう。

 そして悪夢の秋刀魚(さんま)漁の悪夢のはじまりなのです。

 

ミレーのビスケット「ボクのわたしのおやつです。」

 
  ミレーのビスケット「ボクのわたしのおやつです。」

  ミレーのビスケットを以前、阪神梅田のイベントフロアーで買って、
  美味しかったので、家に勧めた所、家でも大好評。

  今回、ミレーのビスケット「ボクのわたしのおやつです。」という大きいサイズの物も
  出ていたのでこちらも購入をしました。
 
  阪急梅田の諸国銘菓コーナーやIKARIスーパーにもあるようで、
  今後も定期的に購入できればと思うばかりです。

  豆菓子 販売 卸 【野村煎豆加工店】
  http://www.nomura-net.co.jp/

第1966回「 好きな麺類 」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当の森です本日のテーマは「好きな麺類」です好きな麺類と言えばやはりラーメンですね朝昼晩三度の食事がラーメンでも行けてしまいます旅行にもよく行くのでご当地ラーメンを食べるが至福の時ですみなさんの好きな麺類はなにですかぜひトラックバックで教えて下さいたくさんの回答お待ちしておりますトラックバックテーマで使っている絵文字はFC2アイコン ( icon.fc2...
FC2 トラックバックテーマ:「 好きな麺類 」



  好きな麺類といえば、

  かた焼きそば。皿うどんともいうのでしょうか。

  あんかけたっぷりの野菜と、固くて細くてパリパリとした細麺の歯ごたえと、
  
  とても美味しいです。

  とはいえ、あまりお店で出されてないので、残念ではありますけども。

 

映画「フューリー」の感想

 「フューリー」を観てきました。

 「フューリー」の映画の第一印象は

 ガルパンとのコラボで、戦車戦!の映画ーみたいな軽いノリのイメージでした。
 あとはティーガー戦車Ⅰ型が本当に動いている!みたいなのがポイント、みたいな感じでした。



 結論を言うと、この映画の見所は
 ティーガーⅠ型戦車との戦闘シーン以外何ら見るところがない、という感じでした。




 WW2のM4戦車中隊(?)に所属するブラピ達はアフリカから長らく戦い続けて今ようやくドイツ本土で
 ドイツ軍と戦っている、という状況。

 第二師団の生き残りなんだろうか?

 何せ今現在地がどこら辺でどこでの戦闘をしていて、どういう状況なのか、ということが全く不明。
 たぶんドイツ本土内での戦闘なのだろうけども、全くどこか説明なし。まぁ創作なのだから濁さないといけないのかもですがね。
 1945年の4月頃なので、本来なら戦争終了間際なので、どちらかというと終戦寸前の厭戦風なのだろうけども、どうも映画ではドイツはまだやる気満々で、アメリカは激戦続きのような雰囲気。
 流石に4月の時点でこれだけ激戦なわけはないだろうと。

 最初の開幕から、戦場跡地でまだ燃えているⅤ号パンターがわらわらと擱座して放棄されて居るシーンから
はじまって、そこを何も警戒していない呑気に馬に乗った兵士がまったり歩いている所にブラピがとびかかって
ナイフで仕留めるという意味不明な展開からスタート。この馬に乗った兵士は正直何をしにここに来たのかわかりません。
ブラピが凄腕の戦士だーみたいなことを見せたいだけの演出でしかなさそうでした。
 戦車長であるブラピがなんでそんな危ない白兵戦、暗殺みたいな方法でそのドイツ兵を倒さないといけないのか?
という意味の分からない状況。乗員5人いるんだから戦車長が率先してするなよと。あと他のメンバーと共同ならわからなくもないけどなんでヒーロー気取りで一人で倒そうとするんだ?やり過ごせばいいじゃんとノッケからわけのわからない脚本。どうもエンジン不調で動けなかったM4らしく、なんとか動き出したらそれと同時に降ってくる砲弾(75mmとか)の雨。なんで、戦略目標や戦術目標でもない場所に砲弾降ってくるんだよ、と。しかもさっきまで自分たちの兵士(馬)の通行をしていた場所でこの展開も意味不明。戦車が動けないのなら放棄して自分たちの駐屯地まで戻ればいいじゃんとかいくらでも思いつきそうなのに、すごく不思議でした。戦車で駐屯地に戻って無事だったか、みたいなセリフもありましたけど味方の無事を確認できないほどあの当時の戦車部隊は単独行動なんてしちゃいないでしょう、みたいな。

 出撃する際に、ここより先ドイツ最前線とか立て看板を出してる暇もない(演出)なんだろうけども。
 ブラックユーモア感のある演出なのだろうけども、何が面白いのか理解不能。

 感想の前に、
 まず当時のM4中戦車の戦い方はそもそも集団での行動+砲撃、航空支援によるエアーランドバトルによる戦い方。

 敵を発見したら、味方に攻撃をさせて側面や迂回をさせて戦車が肉薄して叩く、か、
 ヘルキャットなどの対戦車戦車を呼んでトドメを刺すか、
 近接航空支援を頼んで、吹き飛ばすか、といった攻撃をする。
 戦車単独ではなく、後方支援や側面支援を密にした上での集団戦術を主にしていたわけです。

 しかし、映画ではそういった対戦車戦車の支援も砲撃も航空支援も全くなくて、
 主人公たちの乗る戦車部隊しか周りにいないとかいう状況。

 しかも戦車5両で橋を守れというのなら、せめて2個小隊くらいの歩兵をなんで連れて行かないのか?
 戦車なんて歩兵に群がわれたらどうしようもないだろうに。

 最終的に街道のど真ん中で履帯を地雷で吹き飛ばされて立ち往生。

 「ここで戦う」 Σ(w 馬鹿なの〇ぬの?

 動けない戦車(M4)で敵が近くまで近づいてきてから反撃開始!とか
 側面や後方に進撃した歩兵に手持ちのパンツアーファウストで吹き飛ばされるぞ?
 と思ったら戦車の砲撃と銃撃で大多数の歩兵部隊は薙ぎ払うことに成功。

 街道を歌いながら進軍してくるたぶんSS(SSと国防軍や雑多な再編成部隊)が見えているのなら、
 なんでその時点で榴弾を撃ちこまないのか。
 その時点でM2重機関銃を撃つ方がはるかに生存率高まるだろうに。
 
 街道上の悪魔の再現なのだろうけどもM4でそれは無理な気はします。

 戦車での白兵戦を描きたい、ということ(予算的にこれ以上戦車を動かせなかったのだろうか)
 なのかもしれないけども、基本的に無理だと思う。

 旋回可能な砲塔とはいえ、それは戦車に対してであって、歩兵に対してではない。軸機銃は撃ってましたけども。
 前部の機銃は当然ながら前しか撃てない。

 近づいてきた敵を砲撃し、銃撃し、しかも弾切れになったら、キューポラから飛び出して弾薬補給。
 流石にご都合主義すぎる。
 案の定スナイパーに狙撃されるも主人公補正で何発も撃たれてもすごく元気。
 最後タイピストだけ脱出ハッチ(といってもただの下の脱出口)から外へ逃げ出る、という。
 その後に新米歩兵に見つかるも、スルーされるというご都合主義がさらに追加されて終了という。
 
  ミリタリ的な目線と視点で見てみると穴だらけでむしろザルのような印象でした。  
 
  横隊で対戦車砲を制圧するのも、アメリカなら確実に砲撃+ヤーボで地ならしをして叩く、のが普通。
  そして対戦車砲の命中率の無さには唖然。動かせない分命中率は高いし、外せば即バレるのだから
  必中をすべきなのに外しまくるという。

 この映画のフューリー(憤怒)

 はただ単に武装親衛隊に対する怒りや憎しみ、憤怒を描きたかっただけなんじゃないだろうか?という感じしかしてきませんでした。
 武装親衛隊が憎くて仕方ない。武装親衛隊たちが戦争をはじめたせいで、俺たちは戦争に駆り出されてこんな所で命がけで戦っている、みたいな感じ。
 最初と最後におどろおどろしく当時の映像やシーンを入れることで、シリアス感を増そうとしていますけども、それは本編が薄っぺらい証拠な様な気がします。
 あと戦車砲弾や機銃がまさにレーザー光線。曳光弾でもあんな真っ直ぐなレーザービームとか見たことがありません。
 流石にあれは酷いなぁと思いましたし、なんであんなことにしたのか。実際の戦車の映像を見ればビーム状になるわけがないのに。
 M4戦車の後ろにいた歩兵が前面に展開する時ものっそり歩いて前に出てきましたし、せめて身を屈ませてすすめよと。

 敵の捕虜を処刑するシーンもありましたけども、アメリカは平然と戦時に戦争犯罪を行っていたのに、それに対する
 罪は何ら裁かれていないという理不尽さを感じました。でもあそこまでするか普通?みたいな感じで、あれはWW2の戦車兵や従軍した兵士全員に対するある意味冒涜じゃないのかとは思いました。
 現代目線や現代での演出であれだけ過激な演出にしたのでしょうけども、とてつもなく観ていて不快になりました。
 不快さというと、
 ブラピ達が卵焼きを食べに(作らせて)勝手に民家に押し入った所仲間たちが来て、
 騒ぎ出すシーンは不快さマックスでした。
 女性の人の卵焼きを取り上げて味付けしてやる、とか人として最悪です。
 よくもまぁこれだけ不快なシーンを脚本の段階で作り上げたものだと感心するばかりです。
 主人公たちに感情移入をする気にはさらさらなくなったのを書いていて思い出しました。

 食べ物を粗末にするような演出は本当に最低最悪です。

 その後、ブラピが食べてましたけども(笑) 

 そういう意味では憤怒というのはあっているのかもしれません。
 主人公たちに対する憤怒としてはぴったりですからね。
  

 もっと簡単にすると、

 一方的な怒りや憤怒、敵に対する不満や怒りのはけ口、みたいなものを現代ではなく過去の戦争の武装親衛隊にぶつけることでスカッとさせようとしているんじゃないんだろうか_?とすら思えてきます。

 現代においては当然人種差別的な発言や行動はやってはいけないことです。ただアメリカではまだ当たり前のようにそれがあり、それは咎められています。
  なぜSSがそこまで憎いのか、をちゃんと描いていないこの映画はただの 現代社会におけるストレスや、不満のはけ口を過去のSSにぶつけているような雰囲気でしたね。
 
 それにしてもブラピのイングロリアスバスターズ以来、SSに対する嫌悪感丸出しな配役はそろそろ時代錯誤であることを理解すべきですね。

 一回くらいは見てもいい映画だとは思いますけども、見ていて不快さの方が湧いてくる映画だった印象でした。
 憤怒というよりも不快さという名前の方がぴったりな気がします。演出や脚本があまりよくないのでしょうねー。

 ※追加

 ガルパンの秋山殿の特典付きで出るみたいです。

 正直フューリーはいらないから秋山殿の特典だけで販売してくれた方がいいのですけども。

 

今日は大晦日

今日は大晦日です。なんだかとてつもなく早いですね。ブログ更新を全くしてなかったので、書いたのですが内容はツィッターとほとんど変わらない感じになりました。来年はいい年であって欲しいですね。

Appendix

  ま い て つ  L o s e

まいてつ

映画 けいおん! ( ̄▽ ̄ノシ ☆彡

おおかみこどもの雨と雪 ☆彡

figma おすすめ

めがぴこ 双子猫よりクリスマス

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ちゅるが

Author:ちゅるが
 FC2ブログへようこそ!
 基本は まったりのんびり 系です(w

 日々徒然のことを書いたり、好きなものや
 コトや話題などを書いていこうと思います。

 SNSも深く静かに潜行していますが、
 こちらはもうちょい気楽にいこうかなと(w

 あと トラックバック・転載 等 、確認を
 取らずに行わないで下さい。禁止です。

ブログ内検索

家電 おすすめ

Blu-ray おすすめ

ブログ妖精ココロ

最近の記事

映画検定

FC2カウンター

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

web拍手ボタン

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる